リバモアの購入をご検討ならココ | エドウィン・ルフェーブル

内容は・・・読んでないので分かりません。伝説の相場師ジェシー・リバモアの波瀾万丈の小説。成功(大勝)と失敗(破産)が描かれていて!物語として非常に面白かったです。

こちらになります♪

2017年06月18日 ランキング上位商品↑

リバモア エドウィン・ルフェーブル欲望と幻想の市場 伝説の投機王リバモア [ エドウィン・ルフェーブル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

弟は愛蔵版にすると言ってたので、内容はけっこういいのではないでしょうか?相場の指南本のようです。。株の「売り」で資産を築いたようですね。その頃は、皆「買い」で資産を増やしていた頃です。途中でやめればよいのに・・・などとも思いましたが。伝説の方です。投資家として生まれてきたような人です。投資家の方は御存じだと思いますが!この方は1929年のアメリカの大暴落で!一躍富豪になった方だと聞いています。しかし、相場の才覚、才能ってあると思いました。リバモアの壮絶な投機人生についての小説だが!非常に大事な投資に対する哲学や考え方!金言がちりばめられており!100年以上前の人とはいえ!色褪せることのないまさに伝説の人物だと感じた。ありがとうございました。人生論として参考になる本でした。概要を見て読んでみたいと思っていたので、早く手に入ってよかったです。本によると!とても!相場感が鋭く!数字に強い。読んでいてドキドキする本でした。久しぶりに自分的にヒットした作品でした。期間限定ポイントの消化と!弟に頼まれての購入です。ひとつ疑問なのは!お金儲けでやっているのか!自分の才能を確かめているのか!わからない事です。相当努力もしたとは思いますけれど。一人称が「おれ」ということで文章がスムーズに頭に入ってきた。良書といわれるだけのことはある価値ある本です。まァ、勉強になるかは別ですけど(笑)。